大手航空会社の株主優待でお得に旅行!格安で航空券を使おう!

- 株主優待券を有効的に使いこなそう

更新情報

株主優待券を有効的に使いこなそう

あらゆる企業で、株主になることによって株主優待券を使うことによって非常にお得に安く利用することができます。
そして、その中でも航空会社の優待券は非常に使いやすく割引率も高いのですが、それ以上に非常にいろんな特典が付いていたりするのでとても便利なんですね。
半額で航空券を購入することができる、というだけではなく色んな特典を利用することができる、ということで非常に人気な割引なんです。

ほかにどんな特典があるのか

半額で航空券を購入することができるほか、たとえばANAの優待券だと航空券の代金が値引きされるほかにANAと提携しているホテルが宿泊費が10%以上の割引がされるようになっているんですね。
ほかにも、たとえば国内と海外のパッケージツアーが7%値引きで利用することができます。
空港内の売店や免税艇での買い物も10%オフですることができるようになりますし、ゴルフプレーが優待料金で行えるようになるなど、航空券以外での割引の使い道もある、というところが特徴的ですね。

優待券の値段の変動

また、飛行機のチケットが値段が変動するように優待券というのも実は時期によって値段が変動するものなんですね。
もちろん、それは時期だけではなくオークションや取り扱いのチケットショップによってもやはり変動するものではあるのですが、やっぱり時期はとくに値段が変動しやすい要素です。
たとえば、年末年始や夏休み、盆などの帰省ラッシュの時期はかなり高くなりやすいですね。
逆に、優待券の有効期限が近いと安くなりますしオフシーズンの6月や11月と言った時期もかなり安く手に入れやすい時期になります。
優待券の有効期限は、優待券ごとに決められているのではなく発行した時で定められていますので、各航空会社によって一定だからとても読みやすいです。

優待券を有効活用しないと意味がない

kabuka
そして、もうひとつ優待券の特徴がただ使えば必ずお時になるというわけではないんですね。
優待券は上手に使うことによって初めてお得になるというちょっと特殊な割引がされるものなのです。
たとえば、東京那覇間でのANAの運賃を考えると時期にもよるのですがおよそ平均して40000円前後になります。
優待券を使えば、半額の20000円で航空券を買うことができるとしましょう。
そして、優待券をネットショップなどで相場である5000円で購入したとしたら合計で15000円の得がでますよね。
ただ、東京大阪の場合は通常運賃が25000円くらいになっていますが優待券を使うと12500円になるわけです。
同じく、優待券を5000円で購入していたとすると得は7500円になるわけですね。
確かに、どちらも割引はされているのですが割引の額がかなり違うことが見て取れるでしょう。
さらに、東京大阪間のような便数が多いメイン路線となれば早期購入割引を利用するともっと安くなりますので、実は優待券よりも早期購入割引の方が安いという計算になるわけです。
このように、優待券というのは半額にすることができるという一定数の割引が決まっている半面で、どこの路線を使うかによって割引額が変わってしまうので、場合によっては別の割引を使った方が安いということもあるのだと覚えておかないと、お得感はどうしても下がってしまうのです。

優待券の枚数にも注意して

もうひとつ、優待券を使う上で注意しなくてはいけないのが先ほども言った通り優待券の期限についてです。
優待券は、一定の期間で定期的に配布されますので同時に違う有効期限の優待券が出回ることも少なくはありません。
その有効期限はもちろん期間が迫っているほうが値段が安くなるのですが、自分が航空券を使うときの期限に間に合うかどうかを必ずチェックしてください。
ANAの優待券は、ネットで登録をすることができますが有効期限は予約するまでにではなく、搭乗日までになので予約に間に合っても搭乗日が有効期限よりあとだと優待券は無効になってしまうんです。
だから、自分が航空券を利用するチェックインの日と必ず照らし合わせて利用するようにしましょう。

まとめ

優待券は、それ単体ではとくに便利さを持っているものではありません。
あくまで、航空券やそれ以外の使い道と組み合わせて初めて便利になるものなのです。
とくに、値引きに関しては使い道によって全然価値が変わってくるので、よりお得な使い方ができるようになりましょう。

Copyright(C)2016 大手航空会社の株主優待でお得に旅行!格安で航空券を使おう! All Rights Reserved.