株主優待券を使うなら柔軟に

- 株主優待券を使うなら柔軟に

株主優待券を使うなら柔軟に

お盆の時期など、帰省ラッシュというのはとにかく飛行機の値段が高いですね。
航空会社にもよりますが、オフシーズンに比べるとやはり倍近い値段は変わると言っていいでしょう。
今は、航空会社でも早期購入などの割引があるとは言え、やはり時期的には売り切れるのもかなり早いので、早い段階で予約をしなければいけません。
しかし、早期購入割引は予約の変更やキャンセルができないので確実にこの日に搭乗するというのがあらかじめ分かっていないといけないという難しさがあるんですね。

株主優待券を使おう

そして、そういう時期に割引を確実にするのであれば航空会社が発行している優待券を利用するのがいいでしょう。
こちらは、早期購入と違いとんでもなく先から事前に予約しておかなければいけないということはありませんし、予約していても便の変更やキャンセルが無料になっていますので、確定していなくてもとりあえず近場の航空券を押さえておく、ということができるのです。
そして、変更があった場合は任意で便の変更をすればいいので融通が利きやすいという利点があるんですね。

優待券の特徴について

優待券を使えば、航空券の値段を50%割引できるというほかにたとえば予約は2か月前から可能で、購入期限は予約日から3日以内というところになっているところです。
そして、予約期限は搭乗日の当日まで可能になっています、ただし席の上限がありますので上限を超えている場合は空席があっても予約をすることができないという場合もあります。
そして、何より優待券はファーストクラスの予約もできるので席にこだわりたい人にはとくにお勧めなんです。


まとめ

航空券は、購入時期や購入の仕方によって大きく値段などが変動するものですからね。
どうしても、優待券のような特別な割引がされるものが介入してくるとなるとかなり値段の変わり方が大きいです。
なので、優待券の特性を鑑みて購入時期や予約の仕方も柔軟に変える必要があります。

Copyright(C)2016 大手航空会社の株主優待でお得に旅行!格安で航空券を使おう! All Rights Reserved.