便利な株主優待券を取り巻く環境の変化

- 便利な株主優待券を取り巻く環境の変化

便利な株主優待券を取り巻く環境の変化

株主優待券は、とても便利でとくに便利なのが繁忙期などでも使うことができた、ということなんですね。
とくに、ANAなんかは繁忙期でも空席があるようであればそこに優待券割引を適用させて航空券を購入することができる、という強みがありました。
ただ、実はこれにも昨今で変動がありましたのでそれについてを紹介しましょう。

優待券のうまみが減る?

実は、2106年の6月1日から、ANAでも優待券を利用した席予約に座席数の上限が設定されるという規定変更があったんです。
JALでは元々あったのですが、ANAでも上限設定がなされるようになってしまうんです。
現状詳細はまだ公表されてはいないのですが、やはり繁忙期の時期に阿波早生手価格高騰に伴い、値引きができる数自体が下がってしまいますので、とくに予約も早い段階でやらないと先に席が埋まってしまうというようなことを予測することができます。
なので、今まで通りに優待券があればいつでも空席さえあれば問題ない、というわけではないんです。
だから、優待券で予約をする際には、優待券分の席が埋まらないように先んじて予約をする必要が出てくるのです。
ANAの株主に関する情報は、公式サイトでも(https://www.ana.co.jp/group/investors/)確認できます。


座席上限について

これに関しては、まずJAL自体も上限についての詳細情報を公表していないので、ANAでもどの程度設けられるのかは把握できませんし予想も難しいです。
とは言え、少なくとも早期購入の範囲より多くなるというようなことはないでしょうか、早期購入と見比べておいた方が無難と言えるでしょうね。
逆に、今優待券を売りに出そうと考えているのならば早めに売りに出した方がいいかもしれません。

まとめ

座席上限は、結局のところ優待券が市場にありふれて出回りすぎるようになった結果と言っていいでしょう。
それほどまでに、優待券を使った割引が一般化されはしたのですが、それによりやや使いにくくなってしまうというのはやはり大変ですからね。
今後はより上手な使い方を求められます。

関連記事:

    None Found

Copyright(C)2016 大手航空会社の株主優待でお得に旅行!格安で航空券を使おう! All Rights Reserved.